2017年10月27日

代々伝えていただきたいブレスレット2点Up

品番:BL04
goods_0850.jpg

品番:BL06
goods_0851.jpg
今回ご紹介のお品は100年経っても存在し続けるであろうロングライフデザインのオーソドックスなブレスレット2点です。

こちらは深海サンゴの6-6.2mm珠で仕上げたゴム通しのブレスレットで大きさは2点共に18cmです。

ご存知の方も多いと思いますが、深海サンゴは海底1000mの深海から採取される為に水揚げ時の水圧の変化によって「ヒ(クラック)」が入る事の多い原木です。
その為、一級珠が作り難く尚且つ原木の採取が無い今では非常に希少な素材となっています。
(ミッドサンゴも同じ事っすよー。)

こちらの2点のブレスレットはいくつかの珠に「ヒ(クラック)」が有りますが、ヒが珠と珠の間に隠れて見え難い子を選んで制作していますのでパッと見、こりゃ酷いと言う事はありません。

希少な素材の中の希少な一品、代々受け継いで頂きたいと思います。

お品の詳細はこちら↓
BL04【画像上】 (ありがとうございます。完売いたしました。どうぞ大切にね。。。)


posted by 高知サンゴ at 11:33| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

“やたら”デザインブレスレット

goods_0849.jpg
今回ご紹介のお品は、ゴージャス感のある“やたら”のデザインブレスレットです。
こちらは以前掲載した色調の綺麗なやたらのデザインブレスレットと同等のお品ですが、以前のと比べ留め金具の元部分の作りをスワロフスキーを用いてアレンジしています。
このブレスレットはカジュアル感があってゴージャスに見えるので、親しい方と「ちょっと茶店でお茶する?」っていう時にご使用頂ければと思います。(今どきサテンって言わんかぁ^0^ かふぇですな カフェ...^.^)

何度も書きますが“やたら”と言う名称は昔々サンゴがバカ採れ&バカ売れしていた時代に細枝を「やたらめったら」切って制作していた事に由来しています。
この“やたら”には余分な枝を削り除けた「擦りやたら」と、余分な枝を削り除けてない「髭やたら」の2種類あって、こちらのお品は前者の「擦りやたら」になります。
制作は一粒一粒手作業ですから手間暇掛かってますよ~。
(サンゴの名称って、ボケだのやたらだの不憫やね!って言われますが、日本の宝石なので昔ながらの名称で呼んであげるのが一番なのかもね。人の手が織りなすものやし...)

そー言えば、留め具が金具のブレスレットって着け難いってよく言われますが、便利技知ってれば超簡単ですよ~。
殆どの方は知ってると思いますが、知らない方は見といてくだされ↓

お品の詳細はこちら(ありがとうございます。完売いたしました。)


posted by 高知サンゴ at 14:44| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

地中海赤サンゴのデザインネックレス

goods_0848.jpg
今回ご紹介のお品は、シンプル感がお洒落な地中海赤サンゴのデザインネックレスです。
こちらは地中海サンゴとしては大振りな11×17.7mmオーバルカボションをトップにして、3mm珠ネックレスと合わせたシンプルな作りのお品です。
18ゴールド枠は手作りで3~4mm珠が通せる様(4mm珠がギリギリ通るくらい)腰高に制作していますので、大き目のチェーン等お手持ちでしたらそちらに差し替えて使う事も出来ます。
また、トップは縦使いだけではなくて、横向きに切り替えしてご使用いただけますのでお洒落の幅も拡がる気の利いた(^.^)一品となっています。

(先月つぶやきブログの「どんだけ時間掛かっとんねん」の記事に出したキャスト上がりのものでっせ~。やっと一品仕上がった^^; 残りの子達 年内に仕上げられるのか...^^;;)



posted by 高知サンゴ at 12:43| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする