2019年09月28日

深海サンゴのブローチ4点Up

今回ご紹介のお品は、深海サンゴで制作したブローチ4点です。
(最もポピュラーで最も希少になってしまった深海サンゴですよ~。)

目にタコが出来るぐらい書きますが、光さえ届かない海底1200mで、想像すらできない水圧の中で生息している深海サンゴちゃん。
その過酷な環境でこの発色は奇跡的「です。」「ですね。」「だよ。」(←何が言いたいのかっ!ハッキリせぃ ^^;)

【品番:BR07】
goods_0912.jpg
こちらのお品は、小さな素材に細密に細工した乱菊(らんぎく)のブローチです。
素材が小振りでも、良い物を残して行こうと言う職人の心意気が感じられます。
左から3枚目の花びらのてっぺん(土佐弁で「てんこす」)には、若干のきずが有りますが、モノが小さいので目立ちません。
お品の詳細はこちら


【品番:BR09】
goods_0913.jpg
こちらのお品は、原木の枝分かれした箇所を上手く利用して制作したデザインブローチです。
通常、枝分かれの股になった部分にはキズが有り、そのキズを削り除けながら、全体の線を上手く纏めた秀逸なお品です。(秀逸は言い過ぎか...笑)
また、深海サンゴ特有のマーブル模様も素敵です。
お品の詳細はこちら


【品番:BR11】
goods_0914.jpg
こちらのお品は、伝家の宝刀、玉菊(たまぎく)のブローチです。
近年では色が濃くて大きな素材も少なく、蕾と葉っぱを一刀彫で制作する事も難しくなりました。
こちらは華やかな印象のある一品です。
お品の詳細はこちら


【品番:BR15】
goods_0915.jpg
こちらのお品は、ピンクの色調が細工に沿って流れるかのように入った、流麗な色調のガーベラ細工のブローチです。
細工の形は片方の葉っぱを“シュッ”っと長めに彫りあげた、昭和ノスタルジーなカタチですが、改めて良く眺めると細工自体が活き活きしてて新鮮な印象の一品です。
お品の詳細はこちら

posted by 高知サンゴ at 15:09| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

地中海赤サンゴのデザインペンダント2点Upいたしました

今回ご紹介のお品は、手作り感のあるSV枠で設えた地中海サンゴのデザインペンダントです。

日々バタバタしててHPの更新を3ヶ月放置してました(^^;;)
すんませーんm_(. .)_m
今年のお盆休みにHPを見てもSold outばっかだからって、わざわざ店頭に来られたお客さま~
重ね重ねすんませーんm(_ _)m
まだ片付いてない仕事がありますが長期間放置プレーしない様に頑張りまっす(~0~;)

【品番:PN17】
goods_0910.jpg
こちらのお品は気が向いた時に制作している定番?のデザイン枠(ハンドメイドでっせ~)で、身に着けた時にサンゴが宙に浮いている様に見えるシンプルでカジュアルなペンダントです。
サンゴには若干「沈みフ(うっすらと白濁した箇所)」がありますが殆ど目立ちません。(なら書くな!笑)
小さ目のペンダントヘッドですから、シンプルライクな方におすすめの一品です。
お品の詳細はこちら


【品番:PN24】
goods_0911.jpg
こちらのお品は枠に少しだけボリュームを持たせて制作したシンプルなペンダントです。(こちらもハンドメイドで手作り感醸し出してます^o^)
サンゴには肉眼では分かり難いですが天然の証となる成長線がハッキリ見て取れます。
あと、サンゴの左側面に針で突いたような「笑窪」が一ヶ所ありますので何卒ご了承ください。(この笑窪も肉眼では無問題です。.....なら書くな!^_^;)
こちらのお品もシンプルなペンダントをお探しの方におすすめです。(PN17↑より見た目シンプルです。)
お品の詳細はこちら

posted by 高知サンゴ at 14:06| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする