2009年04月12日

乱菊ブローチ

goods_0039.jpg

色調の美しい深海サンゴ(Aカラー)で制作した菊モチーフのブローチです。

当方ではこの手の細工を乱菊と呼び、これまでに様々な製品として世に送り出している歴史を有する細工なのです。

歴史と言えば、鎌倉時代の初め後鳥羽上皇が菊の花の意匠を好み、「菊紋」を天皇家家紋とした事も有名なお話で、菊の持つ花言葉は「高貴」とされています。

さてさて、こちらの乱菊ブローチですが、色調は言うまでもなく癒しのピンクで、花芯の繊細な細工に加え、葉の優雅で優しい曲線が魅力です。

ブローチですから、重くなり過ぎない様大きさが制限されていますので少し窮屈な感じは否めませんが、使用しない時は額装として飾るのも良いでしょう。


商品詳細はこちら (ありがとうございます。完売いたしました。)


posted by 高知サンゴ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック