2009年10月01日

バラ細工ブローチ(桃色珊瑚)

goods_0060.jpg
今回ご紹介の商品は、一定色の色調が美しい薔薇細工のブローチです。
当方特有の繊細な技術を用いたこのバラ細工は、「お月さんももいろ」と唄われた程歴史のある桃色珊瑚と呼ばれる種類で、主に高知県の宿毛沖(旧 月灘村)、海底約300メートルで採取される宝石珊瑚です。

技術的な評価は、前回ご紹介したガーネ珊瑚の薔薇細工と同じですが、もう一度掲載しておきます。
この薔薇は花弁の根元のエッジがシャープに細工されていて、表面の仕上げはライトの反射をご覧頂ければ分かる様に、「つるっ!ぴかっ!」としていますね。
これは、「三角」と呼ばれる珊瑚細工特有の(エッジをシャープに出す)工具をきちんと使用しているか否かと、ペーパー研磨を手抜きなしでやっているか否か(最終仕上げで差は歴然となる)で、細工レベルの評価に雲泥の差が付きます。
商品詳細ページには角度を変えて撮影した画像が有りますので、彫の深さや研磨の技術をご覧ください。

※画像のほぼ実物大は、19インチモニタ・解像度1440×990ピクセルの場合です。

商品詳細はこちら (ありがとうございます。完売致しました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック