2009年12月06日

男の逸品・赤サンゴネクタイピン。

goods_0082.jpg goods_0083.jpg
今回ご紹介の商品は、赤サンゴ9.3mm珠と10.6mm珠のネクタイピン2点です。

画像「左」のネクタイピンは、室戸産(高知県産)赤サンゴ9.3mm珠を使用したネクタイピンです。

画像「右」のネクタイピンは、こちらも室戸産(高知県産)赤サンゴ10.6mm珠で誂えた「男の逸品」と言っても過言ではない一品です。

両者共室戸産の赤サンゴですが、赤サンゴは日本近海の限られた場所(室戸・宿毛・奄美の海底約350m)でしか採取されない宝石サンゴです。
近年の海洋生物研究結果によると、赤サンゴは宝石サンゴの中でも(赤色になる事から)特殊なサンゴで、1年で0.3mm~0.5mmほど成長する事が分かったそうです。
これまでは1cm成長するのに100年と言われていましたが、以外に早く成長する事に驚いてしまいます、もっと研究が進むと我々の常識を覆す結果が得られるのかも知れませんね。今後が楽しみです。

加工の方で言えば、赤サンゴは特殊なサンゴと言われるだけあって扱い難く、原木の中には「虫」と呼ばれる空洞や、「糸虫」と呼ばれる白い糸状の巣穴が多い原木なのです。
その中から綺麗な物を取る事が非常に難しく、サンゴは価格が高いと言われるのも致し方ない事ですが、最近では自然のまま(ナチュラル)を好むお客様も居られますので、今まで商品化しなかった素材も有効活用できますから有難い事です。

赤サンゴの名称として一般に血赤と呼ばれる赤サンゴですが、当方にはお寺の檀家さんが多い事からも「血」という表現を忌み嫌う為、赤サンゴ(もしくは紅サンゴ)と言わせて頂きます。

商品詳細はこちら
「左」・赤9.3mm珠ネクタイピン (ありがとうございます。完売致しました。)

「右」・赤10.6mm珠ネクタイピン (ありがとうございます。完売致しました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック