2010年08月08日

玉菊イヤリング(桃色サンゴ)

goods_0149.jpg goods_0150.jpg
今回ご紹介の作品は、桃色サンゴで制作した玉菊細工のイヤリング2点です。
こちらの2点は、桃色サンゴの中でも濃い色調を持った桃赤(血桃)と呼ばれる原木から制作した、希少価値の高い逸品です。
両者共、血桃とまでは行きませんが赤味の強い色調のお品です。

玉菊の制作には三角と呼ばれるサンゴ独特の工具(自作の工具)を用いて、螺旋状に花弁を細工しています。
簡単に細工していますと書きましたが、リューターの先端工具である三角(キリと同じ構造)が「完璧」に製作出来る様になってからがスタート地点なので、これほど細密な加工が施せる様になるまでには、豊富な経験がないと制作出来ない正に匠の技の逸品です。
この細工は頭で覚えるのではなく、手に覚えさせる事が重要…まぁ、ものづくりは手が覚えてナンボの世界ですな m(^_^)v

商品詳細はこちら
画像左:11.3mm玉菊イヤリング(SV)  (ありがとうございます。完売致しました。)

画像右:13.2mm玉菊イヤリング(K18)  (ありがとうございます。完売致しました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック