2011年07月30日

桃色サンゴのカメオペンダントブローチとデザインペンダント

goods_0237.jpg goods_0238.jpg
今回ご紹介の商品は、桃色サンゴで制作した両者性格の異なるペンダントブローチとデザインペンダントです。

画像左のカメオペンダントブローチは、当方のコンテスト受賞作品を展示しているコーナーの片隅に展示していたお品で、先日ご来店されたお客様から「これ素敵~♪」と言われ、改めてこの商品が在る事を再認識したカメオです。(品数が多いとつい忘れます^^;)
こちらのカメオは、国内で制作されたものではなく、イタリアから輸入されたものです。その為、顔の輪郭(特に目)の細工や、髪の毛に飾られているカチューシャの小花など、日本の表現方法とは異なる技法で細工されています。
特に顔のラインを最終的に決めるペーパー(リューターにペーパーを取り付け研磨する)の当て方が抜群に上手く、このカメオを制作した職人さんの技術の高さも窺える一品です。裏側には点字で「S.L」の名が入れられています。(イタリアに多いリベリーノ一族の作品でしょう。)
18ゴールドで制作された裏金具もイタリアで制作されたもので、クラッチ式のブローチピンも国産に無いタイプのものです。

画像右のデザインペンダントは、桃色サンゴを2個色合わせをして嵌め込んだと思うかも知れませんが、実は一個のサンゴで出来たペンダントです。
HPの拡大画像をご覧頂くと分かりますが、真中に割った部分も無く、「フ(白色部分)」も自然のまま入っています。
デザインは、トップからボトムへ掛けてサンゴの厚みを変えていますので、高い塔を下から見上げた様に見える事から天辺(土佐弁=てんこす)に位置するバチカンは星にしてあります。(←やっぱり土佐弁は要らんか^^;)
バチカンまでこだわった、オールハンドメイドの一点ものです。

*余談*
最近ネットで検索されて当方へお越し頂くお客様が多くなっています(ありがとうございますm_ _m)が、ブログに書き込む言葉づかいとは違い、私の接客は基本‘土佐弁’を使います。
このおっさん何怒っちゅうがやろとか、馴れ馴れしいとか思うかも知れませんが、自然に喋れるのはやっぱり「生まれ育った土地の言葉」という事で、お聞き苦しい点は多々有るかと思いますがどうかご容赦ください&ヨロシクです。

商品詳細はこちら
画像左(カメオペンダントブローチ) (ありがとうございます。完売いたしました。)

画像右(デザインペンダント) (ありがとうございます。完売いたしました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック