2012年01月12日

ロングネックレス3点Up

goods_0278.jpg goods_0279.jpg goods_0280.jpg
今回ご紹介の商品は、ミッドサンゴ・深海サンゴ・赤サンゴのロング(80cmオーバー)のネックレス3点です。

画像左の清楚なピンク色が美しい、ミッドサンゴのロングネックレスは、玉師と呼ばれる職人が、砥石の間にサンゴを挟み手で転がして丸めた、「手玉(てだま)」と呼ばれる技法で製作した珠です。
この「手玉」で製作した珠は、多くの場合ミカンの形の様に扁平した珠が殆どですが、こちらはほぼ真円に製作されており、一粒、一粒に対して手を抜かない職人魂を感じる一品です。
サンゴは、ミッドの一級です。

画像中の濃い目のピンク色が優しい、深海サンゴのロングネックレスは、深海サンゴの中でも色斑(いろむら)の少ない一級珠で制作したネックレスです。
こちらも前述の「手玉」で製作されたほぼ真円の一品です。

ここで疑問?現在は丸珠をどの様にして制作しているのでしょう。
当方では、ボール盤(電動ドリルが固定された様な機械)を使い、特注の先端工具と砥石の間で角取りをしたサンゴを転がして丸めます。この制作も一粒一粒が手作業なので手間暇掛りますが、真円に丸める事が「手玉」より格段に速いです。
日本最古の「手玉師」と呼ばれる職人さんも、現在では上述の制作方法に切り換えています。

画像右の赤サンゴロングネックレスは、土佐沖特有の照りと濃い目の色調が綺麗なお品ですが、所々に天然キズ・「フ(白色部分)」が有ります。
ネックレスの長さは83cmですので、腕に巻きつけてブレスレットとしてもご使用いただけます。

3点共、ワンタッチクラスプを採用しています。
クラスプのバネは固めですから、差し込む時は奥までしっかり差し込んで金具がロックされた事を確認してから、外出して下さい。
ネックレスを外す時は、裏側の丸い窪み(しるし)が有る方を摘まむと簡単に外れます。

商品詳細はこちら
画像左(ミッドサンゴロングネックレス) (ありがとうございます。完売致しました。)

画像中(深海サンゴロングネックレス) (ありがとうございます。完売いたしました。)

画像右(赤サンゴロングネックレス) (ありがとうございます。完売致しました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック