2007年05月07日

ネックレス追加更新。

goods_0002.jpg
本日はネックレス2点Upです。

品番:NK07ディープシーコーラル(深海サンゴ)1級品のご紹介です。
こちらは画像をご覧頂ければ一目瞭然の品質で、ピンクサンゴのネックレスを1つは持っておきたいと言う方向けの商品(センター11mmアップ)です。
あと10年在庫として寝かそうと思っていました(ぶっちゃけ値が上がる為)が、余りに綺麗なので皆さんに見て貰いたくなってUpした次第です。

品番:NK08ミッドサンゴのネックレスは、ミッドの中でも比較的色調の濃いものをUpしています。
こちらもセンター11mmUpの珠ですので身に着けた時の存在感はありますし、特に色白の方に似合いそうです。

HPリニューアルしてから以前より画像に拘って制作していますが、まだまだ画像処理が下手ですね、切り抜いたサンゴ珠が滑らかじゃないです。
※商品はちゃーんと丸珠ですからご安心下さい。

トップページ
ラベル:ピンクサンゴ
posted by 高知サンゴ at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶっちゃけ値が上がるって。。。

ということは、十年後には原木の水揚げも久しくないために、サンゴ原木の値段が上がるということなのでしょうか。

鼈甲については、ワシントン条約成立後にも、品物の価格そのものが特に上がったというふうには思えません。むしろ、悲しいことですが、行く先に不安を感じた業者が店と閉じて、在庫品が投げ売りで出されたということがあります。

もちろん、老舗の江崎などはびくともしないで、まだまだ店やっていますが。ああいうところは、先代とかその前とかからずっと材料を集めてますから、材料もそこそこじゅうぶんストックしているはずです。

ワシントン条約のゆくえが気になりますね。

今ちょっと心がシナカイのあの珠ころころに傾いています。
繊細さの面では、彫りはしっかりしていると思いますが、要するに花弁が桃のよりは太め、大き目という印象を受けます。実用には耐久性があるでしょう。

ただ、ほかの支払いその他取り引きや仕事もいっぱいあるので、もうしばらくしてから考えてみます。

Posted by edelweiss at 2007年05月10日 15:41
深海サンゴは、国内で生産したものは、既に数年前より緩やかですが値段が上がって来ています。
ミッドサンゴも同じで、どうしても材料が必要な場合に職人仲間をはしごしてかき集めますが、大体以前の倍近い値段を言われます。但し作りたい物に見合った材料が無い事が多いです。
赤サンゴに至っては、当方が大量に材料を買い付けた時代からいうと色合いのそこそこのもので13倍、少し色が濃くなると20倍も材料単価が上がっていますので、正に天井知らずと言えるでしょう。

鼈甲も私がこの業界に入ってからというもの、簪の足などは倍近い値段になっていますので、随分値上がりした印象を受けています。
でも胴の太い業者はいいですよね。私の知り合いに東京の鼈甲加工業者がいますが、その方は後取りがいない為、自分一代で使い切れない程材料をストックしているとの事です。

シナ海の風林花は、同じミリ数のものが後数点あります。他の風林花は店頭に出していないので慌てなくても良いですよ。ごゆっくりどうぞ。。。
Posted by カッチャン(管理人) at 2007年05月11日 12:10
うれしいお話が聞けて、気が楽になりました。

>>シナ海の風林花は、同じミリ数のものが後数点あります。他の風林花は店頭に出していないので慌てなくても良いですよ>>

とってもうれしいです。では、あれはまたの機会にでも買えるわけですよね。とすると、あのすごいきれいな発色の深海ネックレスを先に買おうか、とか考えているところです。

サンゴ馬鹿、は死なないと直らない。うえーん。
こんなにサンゴ買っていることは、親には内緒です。
アホっとか言われるような気がする。
Posted by at 2007年05月11日 17:33
赤の値段が上がっていると聞くと、あのきれいな色の濃いイヤリングも魅力的に見えてきました。
すぐに目移りするんですね、私って。

あれも都会的なイメージで、きれいなデザインに仕上がっていますね。
ちょうどよい楕円形カボションで、大きさと色が良いです。

赤のいいものは、今買っていないと将来はどんどんと天井しらずになる可能性があるみたいですね。
Posted by at 2007年05月11日 17:40
サンゴ馬鹿って、そんな事無いですよ。
私は趣味でラジコンをやっていますが、新車購入時などは、一回の買い物が7万~10万ぐらい直ぐ行ってしまいます(笑)
とーぜん親には2万だの3万だの言って誤魔化していますが、実際の値段を知られると「死なな直らん」ぐらいの事は言われるでしょう。
好きなものに対しては皆さん同じだと思います。。。
でも、サンゴは後々価値を残しますが、ラジコンは…

深海のネックレスと赤のイヤリング、この際2点まとめてドーンといっときますか?(冗談です)
深海のネックレスの方はまだ在庫が有りますから慌てなくてもいいですよ。(唯、センター11mmUpのものが有ったかどうだか…うろ覚えですみません)
赤のイヤリングはあと5点有りますが、ホームページに掲載している程のボリュームが有るのはあの1点だけですから、別々にご購入されるのでしたらイヤリングを先にした方が良いです。

サンゴは赤であれ白であれピンクであれ、天然の生木の材料にはびっくりするくらいの高値が付く事がしょっちゅうあります。
材料の時点で天井知らずの様相を呈していますから、この先どこまで行くのか私にも予測が付かないです。
Posted by カッチャン(管理人) at 2007年05月12日 14:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック