2015年04月04日

赤サンゴのデザインピアス2点Up

今回ご紹介のお品は、赤サンゴ(高知県産)のデザインピアス2点です。

品番:PR31
goods_0611.jpg
こちらのお品はイタリアでは最もポピュラーなお守りCorno(コルノ)を制作したものです。(イタリア向けの商品じゃないよ^^)
このコルノは当方とお付き合いのあるイタリアの職人が地中海サンゴで制作したものを持ち込んで来るのですが、仕上げのクオリティーが悪かったので今まで頂かず当方で制作してみました。(イタリア人って陽気なうえに大らかで製品にもその気質が出てるのよ^^;)

因みにコルノは尖ったとか角の意味らしいのですが、実際魔除けとしてのコルノは唐辛子をモチーフにしてるんだって。って、イタリアの職人さんが言ってました。(だから削りっぱなしのクオリティーなのかもね。)

こちらのピアスは裏側に赤サンゴ特有の「フ」と、表には白いポツポツの「沈みフ」が有りますが、サンゴの質自体は良いものなので透明感が綺麗です。(実際は画像ほど気になる(目に付く)ものではないので普段使いのアクセサリーにどうぞ。)
お品の詳細はこちら (ありがとうございます。完売いたしました。)


品番:PR36
goods_0612.jpg
こちらのお品は前回掲載していたロングピアスとほぼ同じピアスです。
サンゴの色調は前回のものより若干明るめですが、今まで販売した中でもこの子は特に透明感が高い為、光が透けやすいので窓際色調で補正させて頂きました。(瑞々しくて綺麗でしょ^_^)

光のお話ついでに。ちょっと前に部屋の明かりを蛍光灯からLEDシーリングライトに替えました・・・8畳の部屋に10畳用を取り付けているからもの凄く明るくて良いのですが、LEDシーリングライト下で見る宝石の色は変わります(死にます)。逆にスピネルやプラスチック製品がやたら綺麗に発色する^^; ので、LEDシーリングライトを買われる時は調光・調色機能が付いているものがおすすめです。(注:オイラ電気屋さんではありません^^)

お話脱線しました。こちらのピアスは素材自体が真っ直ぐに成長したものでないと制作出来ない為、後世に価値を残す品物の一つです。
サンゴの裏側には赤サンゴ特有の「フ」と若干のきずは有ります。(天然ものだから仕方ねぇ。)
お品の詳細はこちら (ありがとうございます。完売いたしました。)

posted by 高知サンゴ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック