2016年06月04日

ヴィンテージリング3点Up

先週ぐらいから湿度が高いので、そろそろ梅雨入りしそうだなと思ってたら四国地方も今日梅雨入りしました。(汗っかきのオイラには耐え難い時期がとうとう来たわ~、6月の末にはドロドロに溶けてまっせ`◇´;;;)

さてさて、今回ご紹介のお品は、それぞれ個性のあるヴィンテージの指輪3点です。(ヴィンテージと言っても中古ぢゃないよー、ぜ~んぶ新品でっせ^◇^)

品番:R10
goods_0744.jpg
こちらのお品はガーネサンゴ(深海ガーネット)のカットものリングで18ゴールドの枠も手作りで仕上げられたオールハンドメイドの指輪です。
枠の作りを見てみると匠の技と言う程ではないのですが、サンゴの特性を活かしてるのと職人の遊び心が感じられて楽しいアールデコ調のお品です。
また、ガーネサンゴの原木は白い皮状の「巻き」がめちゃめちゃ多くて、綺麗な部分を取り出すのに相当大きな材料が必要となります。(オモロイ指輪なので似た様なもの作ろうかと思いましたが、当方に有る材料ではもう作れないかも。恐らく指輪の縦の長さが取れないのよ。)
こちらの指輪はリングの腰からトップまで高さが有りますから、普段使いよりお出かけ用に向いています。


品番:R14
goods_0745.jpg
こちらのお品はガーネサンゴにバケットカットを施したヴィンテージリングです。(在庫見てたらひょっこり出て来た^^;んで掲載しました。)
この子も18ゴールド枠はハンドメイドで、リングの腰から伸びる繊細な唐草(モコモコした部分)が石枠の装飾も兼ねていて何処となく可愛い印象の指輪です。(石枠のミル打ちも綺麗よ~。)
サンゴの方は少し色むらがあります。天然だからね。。。


品番:R15
goods_0746.jpg
こちらのお品は、まったりピンクが綺麗なボケサンゴのヴィンテージリングです。
18ゴールド枠は40年前一世を風靡した?^^ 千本透かし枠で、当時の職人が労を厭わず仕上げた繊細な透かし模様が綺麗な一品です。私自身この指輪の作り方は知っているのですが、このクオリティーに仕上げるのは恐らく無理でしょう。(表から見えない箇所に細かな装飾が施されてるっちゅう所が日本人の心意気やわな。)
サンゴの方は、画像で見ると手前の爪部分から横側に向けて「フ」とは違う白い色むらがあります。


posted by 高知サンゴ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック