2009年11月21日

赤珊瑚イヤリング

goods_0068.jpg
今回ご紹介する商品は、使う場所を選ばないオーソドックスな赤珊瑚カボションカットのイヤリングです。

珊瑚の色調はそこそこ濃いものを使用し、珊瑚の厚み(ボリューム)も有る一品となりました。
イヤリング金具は現在主流の明るい金の使用を避け、少し赤みの強いK18(5:5割)にする事で落ち着きのある雰囲気に仕上げてあります。

【K18の割金について…】
純金K24では軟らか過ぎて実用性がない為、純金に銀と銅を25%割金として混ぜる事により実用強度を持たせます。
その割金の銀と銅の比率によって、黄色が強い(イエローゴールド)から赤みの強い(ローズゴールド)の18金となります。
その割金の比率は「銀6:銅4」(イエロー)・「銀5:銅5」(イエローとローズの中間)・「銀4:銅6」(ローズゴールドの3パターンが一般的です。

商品詳細はこちら (ありがとうございます。完売致しました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 12:32
"赤珊瑚イヤリング"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。