2012年03月25日

乱菊ブローチ

goods_0304.jpg

今回ご紹介の作品は、土佐サンゴ細工の伝統美を継承する乱菊のブローチです。


乱菊細工には花弁を寝かせて彫ったもの(主に関東彫)や花弁の先端を尖らせて彫ったものなど色々な表現手法が有りますが、土佐(高知)の伝統的な細工は花弁を立てて立体的に見せる技法を用います。その為、正面から見た時の華やかさは格別なものとなります。


こちらの乱菊はピンクから白へグラデーションが掛った、優しい色合いの乱菊細工です。


作品詳細はこちら (ありがとうございます。完売いたしました。)


posted by 高知サンゴ at 15:25
"乱菊ブローチ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。