2013年10月26日

乱菊(らんぎく)のブローチ

goods_0477.jpg

今回ご紹介の作品は、細密&繊細な細工が綺麗な“乱菊”(らんぎくと読みます)のブローチです。

菊と言えば、鎌倉時代の後鳥羽天皇が花の意匠を好み皇室の御紋となったのは有名な話で、その花言葉は“高貴”であり、とてもお目出度い花なのです。(^^)b
雑学は置いといて・・・こちらのブローチは、画像を見ると割と大きなブローチに見えますが実際は小振りなブローチで、彫の柔らかさと形が良かったので掲載しました。

「サンゴの細工ものとしては小振りにも関わらず、これだけ画像を拡大しても粗が目立たないクオリティーの高い細工技術には驚かされる、それだけ緻密な加工がなされている証なのだ。それと同時に、斜め横から眺めた時の圧倒的な立体感は感動すら覚える。」←(コピーライター風に書いてみました。俯瞰的にね。^_^)

作品詳細はこちら (ありがとうございます。完売いたしました。)

ホームページ
posted by 高知サンゴ at 10:49
"乱菊(らんぎく)のブローチ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。