2018年01月13日

無病息災の根付(六瓢箪)

今回ご紹介のお品はサンゴ製品の中でもロングセラーな六瓢箪の根付です。

こちらの製品は1本の根付に6個の瓢箪が付いている事から無病(むびょう)と言われ、災いから身を護り健康で居られる縁起物として、むか~しから制作し続けられているお品です。

しかし近年では高齢化等々で制作する職人が少なくなっているのと、一粒一粒が美しいフォルムで仕上げられたクオリティーの高い品物も希少になっています。

昔はこの根付を使用してると紐の経年劣化で瓢箪がポロポロと落ちて、その都度厄落を落としたと言い、残りの瓢箪が1つか2つになった頃に新しくお買い求め頂く種の製品でしたが、前述の様にこのクオリティーの製品は希少になっている為にお財布やカバンの中にそっと忍ばせて使う事をおすすめいたします。

今回は手抜きで^^; 一点一点ではなく纏めて掲載しま~す。←年とると段々横着になってきてる^^;)/


【品番:EC14】
goods_0857.jpg
こちらのお品は可愛らしい色調の深海サンゴ(ちょいちょいガーネも混ざってます)で制作した六瓢(むびょう)で、若干の大きさの違いは有りますが大きいものは少し白色が目立つ為に一律価格で販売いたします。
お財布に忍ばせても邪魔にならない大きさです。


【品番:EC16】
goods_0858.jpg
こちらのお品は今では希少な色調の濃いガーネサンゴで制作した六瓢の根付です。(夕方に色調補正したんで実際の色よりちょっとだけ濃いめに写ってます^^; すんません。)
こちらもお財布に忍ばせて邪魔にならない大きさです。(単品で見るより纏めて見ると鈴生りで縁起良さげやね^o^)


posted by 高知サンゴ at 10:56| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

地中海赤サンゴのイヤリングとピアス

今回ご紹介のお品はカジュアルに使える地中海赤サンゴの5.5-6mm珠のイヤリングとピアス3点です。
色は明るめで3点共「ヒ(クラック)」の無い一級珠でっせ~。しかも むか~し採取された材料(海底100m以上の深海もの)なので光沢感も良いです。

【品番:ER03】
goods_0856.jpg
こちらのイヤリングは大き過ぎず小さ過ぎない5.7mm珠で普段使いにお薦めのお品です。
取り付けているシルバーのイヤリング金具は18金製の作りと同じタイプのもので板バネ部分がしっかりしているので長く使えます。


【品番:PR18】
goods_0854.jpg
こちらのピアスは5.5mm珠のオーソドックスなお品です。
このくらいのミリ数になると着けた時に「耳たぶに血豆が出来てる(笑)」って言われない大きさで職場でアクセサリーの制限がある方にも使いやすいと思います。
大体4mm珠から↓になると血豆って言われるみたいやけど、赤色なんで小さくても目立つ事から可愛いっちゅう例えですわな。^.^。
ピアスポストの方は金属アレルギーの方でも安心のチタン製です。


【品番:PR19】
goods_0855.jpg
こちらのピアスは6mm珠で普段使いから女子会や会食(あまり目立つものはダメっちゅう方向け)まで幅広く使えるお品です。
人の耳たぶをひっくり返して見る人も居ないと思いますが^_^)金具は18ゴールドで仕上げています。
(最初チタンで行こうかと思うたけんどゴージャス感の出るゴールドにしたがよ。)←変なとこで土佐弁出してみる(^^;)


余談
去年ケータイをあいほん6から8に替えたってつぶやいたけど操作した時の“劇重”はリンゴ屋の仕業やったんや、電池交換したら直るって早よ言わんかい!
そーとも知らず8に替えたお陰で防水機能が付いてホームボタンは壊れにくいタッチ式に替わってリンゴペイまで使える様になったやないかい!
おまけに2年後に新機種に買い替える(残クレ)プログラムにも加入してしもうたわ!
ちゅう事で..... 次のモデルが発売される2年後が楽しみですぅ~。頑張って良い製品作ってな‘あこぎ’なあっぷるさん♪(^0^)


posted by 高知サンゴ at 16:34| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

年末年始の営業について

oshirase_050.jpg

皆様、本年も当工房をご愛顧くださり誠にありがとうございました。

年末年始の営業は下記のとおりです。どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年
12月31日(日).....お休み

平成30年
1月1日(月).....8:30~17:00
1月2日(火).....8:30~17:00
1月3日(水).....8:30~17:00
1月4日(木)から平常通り

尚、今年は喪中の為に新年のご挨拶は控えさせていただきます。
皆様におかれましては佳き年をお迎えくださいます様
心からお祈り申し上げます。

高知サンゴ工房
代表 平田 勝幸


posted by 高知サンゴ at 10:40| Comment(0) | 高知サンゴからお知らせ | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

地中海赤サンゴのHAND madeペンダント

goods_0853.jpg
今回ご紹介のお品は地中海赤サンゴの10×16mmオーバルカボションのデザインペンダントです。
地中海産の赤サンゴはそもそも大きく成長しない種類なので製品にして横幅が10mmも有ると大振りな部類に入ります。(10mmを超して来ると色むらが多く出たりするのよね。)
こちらのサンゴは右上に少しだけ白濁した箇所がありますが光沢感が良いので光に透かさないと分かり難い為にほとんど目立ちません。

18ゴールドのデザインは家紋をデザイン化したもので全て手作りで仕上げています。
そしてデザイン部分の外側の輪っかは艶消し仕上げにしてメリハリを付けてみました。
(実物を見ると綺麗に仕上がってますが、拡大画像で見ると手作り感出てますな~。まぁそこが手作りのエエとこやけどね。)



posted by 高知サンゴ at 15:34| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

地中海産赤サンゴのデザインリング

goods_0852.jpg
今回ご紹介のお品はモコモコとしたデザインがお洒落な地中海サンゴの指輪です。(やっと仕上がった^_^)
このリングに使用しているサンゴは横幅が約11mmと地中海サンゴの中でも大振りで、今となっては珍しい透明感を持った品質の良いサンゴです。
サンゴの色合いは日本産と同じで透明感が有りますから屋外など明るい所では明るい赤色に、屋内など照明が落ち着いた所では濃い赤に表情を変えて見る人の目を楽しませてくれます。
(地中海サンゴで↑の様な事書くことは滅多にないよ。)

18ゴールドの枠は制作当初から洋風アンティークをイメージしてたので、これまで制作してきた無地枠で緩いカーブを描きながらふっくらさせたものとは違って、覆輪際からふっくらさせつつエッジを付けてそのエッジから下にストンと落とす形に制作して現代でも使えるアンティーク調の枠に仕上げています。(文章での説明は難しいわ~。)
こちらの指輪、時を重ねて大切にして頂きたい一品です。

(この指輪の他に年内に仕上げると豪語したものがあと2点あるんやけど、ほんま年内に仕上げられるのか!って、年越すと経理上面倒やから不眠不休でも仕上げなあかん^▽^;  歳とって最近は直ぐ根性折れるけどね...笑 ...要らんこと書かんとさっさと仕事せい。)



posted by 高知サンゴ at 11:36| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

代々伝えていただきたいブレスレット2点Up

品番:BL04
goods_0850.jpg

品番:BL06
goods_0851.jpg
今回ご紹介のお品は100年経っても存在し続けるであろうロングライフデザインのオーソドックスなブレスレット2点です。

こちらは深海サンゴの6-6.2mm珠で仕上げたゴム通しのブレスレットで大きさは2点共に18cmです。

ご存知の方も多いと思いますが、深海サンゴは海底1000mの深海から採取される為に水揚げ時の水圧の変化によって「ヒ(クラック)」が入る事の多い原木です。
その為、一級珠が作り難く尚且つ原木の採取が無い今では非常に希少な素材となっています。
(ミッドサンゴも同じ事っすよー。)

こちらの2点のブレスレットはいくつかの珠に「ヒ(クラック)」が有りますが、ヒが珠と珠の間に隠れて見え難い子を選んで制作していますのでパッと見、こりゃ酷いと言う事はありません。

希少な素材の中の希少な一品、代々受け継いで頂きたいと思います。

お品の詳細はこちら↓
BL04【画像上】 (ありがとうございます。完売いたしました。どうぞ大切にね。。。)


posted by 高知サンゴ at 11:33| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

“やたら”デザインブレスレット

goods_0849.jpg
今回ご紹介のお品は、ゴージャス感のある“やたら”のデザインブレスレットです。
こちらは以前掲載した色調の綺麗なやたらのデザインブレスレットと同等のお品ですが、以前のと比べ留め金具の元部分の作りをスワロフスキーを用いてアレンジしています。
このブレスレットはカジュアル感があってゴージャスに見えるので、親しい方と「ちょっと茶店でお茶する?」っていう時にご使用頂ければと思います。(今どきサテンって言わんかぁ^0^ かふぇですな カフェ...^.^)

何度も書きますが“やたら”と言う名称は昔々サンゴがバカ採れ&バカ売れしていた時代に細枝を「やたらめったら」切って制作していた事に由来しています。
この“やたら”には余分な枝を削り除けた「擦りやたら」と、余分な枝を削り除けてない「髭やたら」の2種類あって、こちらのお品は前者の「擦りやたら」になります。
制作は一粒一粒手作業ですから手間暇掛かってますよ~。
(サンゴの名称って、ボケだのやたらだの不憫やね!って言われますが、日本の宝石なので昔ながらの名称で呼んであげるのが一番なのかもね。人の手が織りなすものやし...)

そー言えば、留め具が金具のブレスレットって着け難いってよく言われますが、便利技知ってれば超簡単ですよ~。
殆どの方は知ってると思いますが、知らない方は見といてくだされ↓

お品の詳細はこちら(ありがとうございます。完売いたしました。)


posted by 高知サンゴ at 14:44| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

地中海赤サンゴのデザインネックレス

goods_0848.jpg
今回ご紹介のお品は、シンプル感がお洒落な地中海赤サンゴのデザインネックレスです。
こちらは地中海サンゴとしては大振りな11×17.7mmオーバルカボションをトップにして、3mm珠ネックレスと合わせたシンプルな作りのお品です。
18ゴールド枠は手作りで3~4mm珠が通せる様(4mm珠がギリギリ通るくらい)腰高に制作していますので、大き目のチェーン等お手持ちでしたらそちらに差し替えて使う事も出来ます。
また、トップは縦使いだけではなくて、横向きに切り替えしてご使用いただけますのでお洒落の幅も拡がる気の利いた(^.^)一品となっています。

(先月つぶやきブログの「どんだけ時間掛かっとんねん」の記事に出したキャスト上がりのものでっせ~。やっと一品仕上がった^^; 残りの子達 年内に仕上げられるのか...^^;;)



posted by 高知サンゴ at 12:43| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

枝サンゴのデザインペンダント

goods_0847.jpg
今回ご紹介のお品は、流麗な自然の形と光沢感が美しい深海サンゴのデザインペンダントです。

こちらのサンゴの色調も前回UPしたブローチ同様深海サンゴ特有の極端なマーブル模様が少なくて、比較的一定色の綺麗な色合いをしています。
(光も届かん深海1200mで生きちゅうに この色にゃ げにまっこと感動するぜよ ^▽^  前回も書いたね。今回は土佐弁。今どき“ぜよ”は使わんけど...^^;)

この子もSILVERとキュービックジルコニア(CZ)を使ってシンプルなデザインで仕上げてみました。
尚、SILVERにはロジウムメッキを掛けていますので黒ずむ事もありません。

割合大きさの有るペンダントトップですから長めのチェーンに通してご使用ください。
(当方のサービスチェーンは全て16インチです。1インチ=25.4mm×16インチ=406.4mm 約40cm)



posted by 高知サンゴ at 13:23| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

枝サンゴのデザインブローチ

goods_0846.jpg
今回ご紹介のお品は、トゥルとした透明感が美しい深海サンゴのデザインブローチです。
サンゴの色調は深海サンゴ特有の極端なマーブル模様ではなくて、比較的一定色の綺麗な色合いをしています。(深海1200mで生息してるのにこの発色には何時も感動させられます ^▽^)

ブローチ金具の方はSILVER925(裏金具)と950(装飾部分)を使用して、花びらにはキュービックジルコニア(CZ)を彫留したあっさりデザインで仕上げてみました。

全体的にそこそこな大きさがありますので、Vライン(胸元中央)に着けられてもお洒落に使いこなせる一品です。



posted by 高知サンゴ at 16:47| Comment(0) | 製品情報 | 更新情報をチェックする